アクリル板からアルミ鋳物までラクラク商品加工│素材NAVI

工場

現在の鋳物

鋳物は型に鉄や銅を流し込み作っていくというもので、昔から行われている技術です。現在はアルミを使ったアルミ鋳物も多く作られています。アルミ鋳物はとても軽く、加工しやすい性質から様々な所で利用されています。

読んでみよう

酸化チタンの使い方

酸化チタンは、普段意識していないものの身の回りの様々なものに配合されています。食品添加物や、食品の着色、化粧品や日焼け止め、車のコーティング剤など様々な用途があります。

読んでみよう

温度を保つ

保冷剤は日常的にもよく利用されています。食材を守るために使われていることが多いですが、輸送や医療分野など様々な所でも利用されています。ドライアイスよりもコストがかからず長く使うことができるので経済的です。

読んでみよう

加工しやすい素材

アクリル板は、様々なところで利用されているので、目にする機会も多いものです。樹脂の中でも透明度が抜群に高いことから中身が見える箱に使われることや、照明カバー、陳列棚、仕切りなど等様々な使い方があります。透明度が重要になるような所で利用されています。厚みも様々で、薄いものから厚いものまで様々な種類があります。サイズも大きいものから小さいものまで様々なものがあり加工しやしすい製品です。アクリル板というと、無色で透明なものがよく使われていますが、場合によっては薄く色が付いているものや完全に着色されたものもあります。基本的に雨や風にも強く、汚れもすぐに落とすことができるので屋外でもよく利用されています。他にもマット加工を行なうことや、プリズム加工、紫外線カットや反射防止など様々な機能をつけやすいということが特徴的です。

加工しやすい製品として、アルミ鋳物があります。鋳物は昔から行なわれていた技術で、アルミを使うことにより鉄や銅よりも軽い部品を作ることができます。磁気を持たないことから電子機器などでも利用されることがあり、門の扉のような大きなものから精密機械の小さい部品まで様々な使い方をすることができます。また、私達の身の回りにあるものとして酸化チタンがあります。酸化チタンは、多くの所で利用されており、食品や化粧品に配合されていることもあれば、ペンキや車のコーティング剤などで利用されているということもあります。また、クリーンエネルギーにも利用できるのではと研究が進んでいる材質です。輸送業などを行なっている人たちに注目されているものが、保冷剤です。短時間から300時間を超えるような保存時間のものまであり、繊細な温度調整も可能です。

おすすめ関連サイト集