アクリル板からアルミ鋳物までラクラク商品加工│素材NAVI

工場

現在の鋳物

鋳物は古くから親しまれてきた技術です。銅を型に流し込み、器を作っていたのが最初と言われており、器から銅鐸や仏像、刀剣などが作られるようになりました。材質も銅だけでなく鉄やアルミなど様々なものに変化しています。昔から生き続けている技術でありながら、材質の変化や進化などで現代でもさらに発展を見せている技術です。アルミで作られている鋳物の例として、車のエンジンやアルミホイールなどがあります。他にも門の扉やカギ、機械の部品、バイクの一部の部品など、様々な所でアルミ鋳物が使われています。アルミ鋳物は、簡単な工程でも複雑な形状に作ることが可能で、加工のしやすさから様々な所で利用されています。

アルミ鋳物の特徴として、とても軽いということがあります。そのため、自動車やその他の部品など軽量化が必要になるような所でよく利用されています。重さは鉄や銅の3分の1程度になるので、大幅な軽量化が可能です。また、電気や熱を通しやすいという特性もあるので、電気や熱を通すことが必要になる部品などで使われることもあります。低温の状況でも、もろくなりにくいことから温度が低いような場所でも利用されるなど、温度等に左右されず、様々な所で利用可能です。他にも磁気を帯びていないことから、電子機器の部品としても使いやすいという特性もあります。アルミ鋳物は、大型のものから、小型の部品まで様々な製品を作ることが可能です。目に見えるような大きなものから、通常は開けて見ないような細かい部品まで様々な所で利用されています。