アクリル板からアルミ鋳物までラクラク商品加工│素材NAVI

工場

酸化チタンの使い方

酸化チタンという言葉は、あまり聞き慣れない言葉ですが、実は私達の身の回りに多く使われている材料です。紫外線を吸収するという働きがあることから、ペンキなどの塗料に配合されていることも多く、日焼け止めの化粧品の中にも配合されている成分です。酸化チタンは、多くの所で利用できるので、アイディアによっては様々な使いみちで使うことが出来ます。なお、酸化チタンはアナターゼ、ルチル、ブルカイトと呼ばれる3種の結晶があります。この中で、工業用としてよく利用されているものがルチルとアナターゼです。アナターゼは光活性で、光が当たることにより水や有機物を分解する光触媒という働きがあります。この性質を利用して太陽光や、室内の照明を利用した殺菌、抗菌作用や汚れを防止する所として使うことができます。コーティング剤などで利用していくもので、水をさっと流すだけでも汚れを落とせるものによく利用されています。なお、化粧品や日焼け止めに配合されているものはルチル型で、光毒性はありません。

酸化チタンは、食品添加物の一つとして認められているほど、安全性の高いものです。酸化チタンを食品として使う場合、主に色粉として使うことが多いです。歯磨き粉やチョコレートなどに含まれていることが多く、食品添加物の記載の中に酸化チタンが含まれていることも珍しいことではありません。また、光触媒を行なう製品の場合排出物が水だけなので、クリーンエネルギーとしての使いみちがないか研究されています。燃料電池へ水素を供給するという際に、水素を貯めるという働きがあります。